人気のある職につく

女性

「心理カウンセラー」になるには、どうしたらいいのでしょうか。これには色々な方法がありますが、原則はその資格に関して、「定められた条件をクリアした後に、試験を受けて合格する」という必要があります。その内容は、資格によって様々ですから、まずはどの「心理カウンセラー」になりたいかを、決めるべきでしょう。

詳細を確認する...

心の研究と歴史

文房具

現代のストレス社会の中で、心理カウンセラーは活躍しています。臨床心理学が話題にもなっていますが、カウンセラーになるためには学校への進学や通信講座での勉強が大事になってきます。

詳細を確認する...

専門職で生計を立てる

人の心を扱う仕事

女性

心理カウンセラーという仕事は、その需要もさる事ながら、大変に人気のある職種で、その資格というものも数多く存在します。実に一言で心理カウンセラーと言いましても、大学の専門の学科を履修して資格を得るものから、指定の教材で勉強して、そして試験を受けて資格を得る民間会社主催のものまで、色々とあるのです。では心理カウンセラーになるには、そのどれを勉強したらいいのでしょうか。それは基本的には、「自分がその資格で、何をしたいのか」によるでしょう。ただ単に、心理学を勉強したいというものであれば、どれをやっても問題はありませんが、その心理学の知識を使って商売をしたい、それで生計を立てて行きたいというのであれば、何でもいいというわけにはいきません。

目的にあった資格を取得

大学を中心に、専門的な分野で活躍できるようになるには、臨床心理士といった資格の取得が必要となりますので、大学に進学して、心理学部に進んで単位を取る必要があるでしょう。実際に心理カウンセラーとして、生計を立てて行けるようになるには、それが商売として使える資格である必要がありますので、その資格を取得する際に確認が必要でしょう。そしてそういったものを研究や商売ではなく、単に日常生活の中で、生活に役立てられるくらいでいいのであれば、そもそも資格まで取得しなくても、独自に心理学を勉強するくらいで問題ないでしょう。このように一言で心理カウンセラーと言いましても、その種類は様々で、その目的にあったものになるには、その内容を十分に理解する必要があるのです。